エーモン愛車ピカピカ研究所

洗車方法(汚れを落とす順番編)

DATE 2018.03.01

洗車の時、どの部分から洗い始めますか?
何となく全体に水をかけて…と始めていませんか?

今回は基本的な洗車の手順をおさらいしてみましょう。

施工手順

【1】まずはタイヤ回りや下回りについている泥や砂などの汚れを水で洗い流します。

【2】次に、「上から下」の順にホコリを下へ流すように水で洗い流します。

ルーフ → 両サイド → リア → ボンネットの順で
大まかな汚れを落としながら、熱くなったボディやホイールを冷ましていきます。

【2】の時、画像のように「下から上」に向けて水を流さないように気を付けましょう。
ホコリなどが水で流れ落ちるように、水は「上から下に向けて」流しましょう。

【3】バケツにシャンプーを適量入れて、シャワーの水流でよく泡立てます。

よく泡立たせる事で「泡で汚れを落とす」だけでなく「ボディへのキズを防止する」ことが出来ます。

【4】スポンジに泡をなじませ、ボディの下回りを軽く洗います。

【5】縦横とスポンジを動かさないで、出来るだけ一定方向へ動かして洗っていきましょう。

【6】続いてホイールをシャンプーで洗います。

 キズ防止の為、下回りを洗ったスポンジとは別のスポンジやブラシで洗いましょう。

【7】水でシャンプーの泡をしっかりと洗い流してください。

足回り付近の汚れを最初に落としておく事で洗車時のボディへのキズ防止になります。

【8】キズ防止の為、足回りで利用したものとは別にボディ用のスポンジとバケツを用意します。

【9】スポンジに泡をなじませ ルーフ → 両サイド → リア → ボンネット の「上から下」の順に洗っていきます。

【10】シャンプーの泡が乾燥しないうちにたっぷりの水できれいに洗い流しましょう。

この時も ルーフ → 両サイド → リア → ボンネット の「上から下」の順番で流します。

【11】シャンプーの泡をきれいに洗い流した後、水分をクロスでよく拭き取ります。

この時もなるべく一定方向にクロスを動かして水分を拭き取りましょう。

おさらい

天候などにより「シャンプー洗浄」→「洗い流し」を部分ごとに行う必要がある場合もあります。シャンプーの泡が乾かないようにする事が重要です。

最新のエントリー

Pick Up ピックアップ

Ranking

  営業日のご案内

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

は休業日です。
休業日のご注文・お問合せは翌営業日の受付となります。