エーモン愛車ピカピカ研究所

タイヤハウス内の洗い方

DATE 2018.03.01

ピッチやタールなど取れにくい汚れが多いタイヤハウス内の洗い方を紹介します。

施工手順

【1】まずはタイヤハウス内を水でよく洗い流し、毛足の長いブラシやスポンジなどでシャンプーしてください。

この時に取れるのは大きな汚れなどで、ピッチやタールなど落ちにくい汚れはまだ残っています。

【2】シャンプーの泡が残らないよう、しっかりと水で洗い流してください。

【3】ピッチやタールなど、気になるしつこい汚れにe-くるまクリーナーを吹き付けてください。

【4】クリーナーを吹き付けたあと汚れが浮くのを30秒ほど待ちます。

スポンジで少し擦っておくのも良いでしょう。

【5】約30秒ほど置いたら、水で洗い流してください。

落ちにくい汚れもe-くるまクリーナーを使うと簡単に落とせました!

【6】仕上げにe-くるまコーティングを吹き付けた後、拭き取ります。

自然なツヤが出てキレイをキープ出来るだけでなく、汚れが付きにくくなって次回洗車が楽に!

洗浄前後の比較

意外と見落としてしまう人が多い場所ですが、ここが綺麗だと愛車の締まりがアップします。

商品説明

商品説明
商品名
e-くるまクリーナー
商品内容
e-くるまクリーナー(300ml)
特徴 ・汚れに直接吹き付け、30秒ほど待てば浮き上がった汚れを簡単に拭き取れる。
・洗車機を使用する前に、汚れに直接クリーナーを吹き付け、汚れを浮かせて洗車機を通るだけで汚れが落ちる。
・洗車の際1.5~2回分使用できます。
成分 ・アルカリ系溶剤
・防錆剤(錆び、腐食防止)
・金属イオン封鎖剤(水垢、油汚れに対する洗浄力UP)
対応する汚れ ・油汚れ:ブレーキダスト、ピッチ、タール
・たんぱく質汚れ:虫の付着、水垢
注意事項 ■以下の箇所及び素材には使用できません。
・窓ガラス
・メッキパーツ
・メッキ、アルマイト、ポリッシュ、マグネシウム等の素材のホイール
・再塗装や特殊な塗装加工箇所、塗装の弱い箇所(ナンバープレート等)

施工方法

  • 1.クルマの汚れを洗い流す

    カーシャンプー等を使用してきれいに洗車してください。
    ※e-くるまクリーナーは部分汚れ専用のクリーナーですので、カーシャンプー等で対応出来るよごれは通常の洗車で落としてください。

  • 2.残った汚れにスプレーをする

    ボディが濡れたままの状態で通常洗車で落ちきらなかった頑固な汚れに、e-くるまクリーナーを塗布し、汚れに溶剤が浸み込むまで約30秒放置してください。アルカリ泡が汚れを浮かして、拭き取りやすい状態にします。

  • 3.汚れを拭き取る

    約30秒放置したらマイクロファイバークロスで汚れを優しく拭き取ってください。汚れが残る場合は2の作業を繰り返して、再度拭き取ってください。

  • 4.水で流す

    拭き取りが終わったら、大量の水でスプレーした箇所を洗い流してください。余剰成分が残るとシミ・ムラの原因となる場合があります。

e-くるまクリーナー 300ml(カークリーナー)

  • 送料無料

税込価格1,382

数量

カートに入れる

関連商品

e-くるまコーティング お試しセット 撥水性 50ml (専用クロス・スポンジ付)

  • 送料無料

税込価格1,382

数量

カートに入れる

e-くるまコーティング 撥水性 200ml (専用クロス・スポンジ付)

  • 送料無料

税込価格3,542

数量

カートに入れる

最新のエントリー

Pick Up ピックアップ

Ranking

  営業日のご案内

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

は休業日です。
休業日のご注文・お問合せは翌営業日の受付となります。