ドア周辺(隙間・ヒンジ)の洗い方

DATE 2018.03.01

今回はドア周辺(隙間・ヒンジ)の洗浄方法についてご説明します。

施工手順

ドア付近を洗浄する場合は、不意にドアが開閉しないように風の強い日などは避け、十分に注意して作業してください。

ドアの隙間やヒンジ箇所などはホコリ汚れが多く、こまめに掃除しないと汚れが溜まりがちです。 洗車の際に一緒に洗浄しましょう!

まずは掃除しにくいヒンジ箇所の洗浄からご説明します。

【1】ひどいホコリ汚れをクリーナー等を使って落とします。
e-くるまクリーナーを使う場合は、マイクロファイバークロスにクリーナーを適量吹き付けます。

【2】汚れている箇所をマイクロファイバークロスでやさしく拭き取っていきましょう。

【3】手が届きにくい箇所は、毛先のやわらかいブラシなどにクリーナーを吹きつけて擦ると隅々まできれいに汚れを取ることが出来ます。

【4】クロスでの拭き取りでは取れにくい固着した汚れには、直接クリーナーを少量吹きかけて汚れを浮かせてからクロスで拭き取ります。

【5】ふき取り用タオルを水で濡らし、水を多く含むように軽く絞ります。

【6】クリーナーの洗浄成分をきれいに拭き取ります。その後、乾いたタオルなどでしっかりと水分を拭き取ってください。

続いて、ドア下などの隙間の洗浄方法をご説明します。

【1】まずはシャンプーで軽い汚れを落とし、水でシャンプーの泡をきれいに洗い流します。

【2】固着した汚れはシャンプーだけでは落ちにくい為、クリーナーを使って落としましょう。

【3】e-くるまクリーナーを使用する場合は、マイクロファイバークロスにクリーナーを適量吹きかけてください。

【4】クリーナーを吹きかけたマイクロファイバークロスで汚れた箇所を軽く叩くようにして、汚れを浮かせながら拭き取ってください。

【5】クロスでは拭き取れない溝などの細かな汚れは、毛先のやわらかいブラシなどにクリーナーを吹きつけて洗浄しましょう。

【6】先ほど同様、ふき取り用タオルを水で濡らし、水を多く含むように軽く絞ります。

【7】濡らしたタオルでクリーナーの洗浄成分をきれいに拭き取ってください。

クリーナーできれいに洗浄した後は、
汚れを付きにくくする為コーティングしておくのがオススメです。

【8】e-くるまコーティングを使用する場合、コーティングスポンジにコーティング剤を適量吹きかけてください。

【9】コーティング剤が乾かないうちにスポンジでなでるように引き伸ばします。

なるべく均一になるように、うすく押し広げてください。

【10】乾かないうちに水分とコーティング剤をマイクロファイバークロスでしっかり拭き取ります。

仕上げにコーティングをする事で汚れが再固着しにくくなり、次回の洗車の際の汚れ落としが楽になります。

洗浄前後の比較

クリーナーを使用する事により水拭きだけでは落としにくい汚れがきれいに取れました。
細かい箇所こそ最初にしっかり汚れを落とし、再固着しにくくする事で今後の洗車がどんどん楽に出来ますね。

ヒンジ箇所の洗浄

ドア隙間の洗浄

商品説明

関連商品

e-くるまコーティング 撥水性 50ml お試し版 (専用クロス・スポンジ付)

税込価格980

数量

カートに入れる

e-くるまコーティング 撥水性 200ml

税込価格1,980

数量

カートに入れる

e-くるまコーティング 撥水性 200ml (専用クロス・スポンジ付)

税込価格2,350

数量

カートに入れる

最新のエントリー

Pick Up ピックアップ

Ranking

  営業日のご案内

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

は休業日です。
休業日のご注文・お問合せは翌営業日の受付となります。