タイヤ、スタッドレスタイヤの正しい保管方法

DATE 2018.04.13

タイヤ交換をした後、そのまま保管していませんか?

交換手順

外したタイヤをそのまま何もせずに保管すると、汚れや水分等が原因となり、ホイールやタイヤを傷めてしまいます。
普段洗う事の少ないタイヤの裏側など、取り外した後こそ隅々まできれいに洗浄してから保管しましょう

まずは、当店コンテンツ『頑固なブレーキダスト・タイヤ・ホイール汚れをスルッと落とすクリーナー(タイヤ交換)』編
を参照にタイヤとホイールの汚れをきれいに落としましょう。 そしてしっかりと乾燥させてください。

【1】タイヤに最適な場所で保管しましょう。

タイヤの保管場所に適しているのは、直射日光を避ける事が出来る、風通しの良い場所です。
また、出来るだけ高温になる場所も避けた方が良いでしょう。

屋外などは、雨が当たったり湿度が高くなったりする為、タイヤのゴムの変質が早まってしまう事があります。
また、紫外線に当たるとひび割れなどの劣化が起こる原因となりますので、出来るだけ屋外での保管はやめておきましょう。

【2】取り替えたタイヤの空気圧を下げます。

ホイールに装着したまま保管する場合は、タイヤの空気圧を下げて内圧を弱めます。
取り外したタイヤの空気圧を、それぞれ約1.0kgf/㎤ ほどに下げておきましょう。

ゴムの劣化を防ぐ為、それぞれ個別に袋に入れます。 袋に入れる事で汚れやキズからも守ってくれます。

保管注意点

タイヤを直接置くと、ゴムの成分が床などに色移りする場合がありますので、すのこ等を敷いた上に保管します。
ホイール付きタイヤは、タイヤの重みでタイヤが変形する事を防ぐ為、横置きで積んで保管します。
ホイールなしの場合は、ラックなどでの縦置保管でも大丈夫です。

商品説明

関連商品

最新のエントリー

Pick Up ピックアップ

Ranking

  営業日のご案内

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

は休業日です。
休業日のご注文・お問合せは翌営業日の受付となります。